2009年05月08日

武田勝頼の娘の名前が系図より判明!【檮姫(ゆすひめ)】

武田勝頼の娘の名前は不明とされている部分が多かったのですが、
土佐の佐川町に残る(佐川嫡流の系図本)には確かに名前が残されておりました。これは大きな発見です!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
IMG_0041.jpg

【檮姫(ゆすひめ)】と書かれております。

檮姫(ゆすひめ)は信濃伊那郡於高遠(現在の長野県伊那郡高遠町)
の場所に元亀元年(1570年)庚午に生まれる
(信勝もここで生まれました)


 定説では、天目山にて父勝頼と共に13歳で亡くなっております。
 しかし、土佐では、父の勝頼等と共に13歳の時(天正10年)
無事に土佐に落ち延び、
豪族片岡氏の名の有る武士である横畠左馬助(進)貞秀と結婚し、
文禄(1593年)葵巳の2月8日に24歳で亡くなると系図には書かれております。


 夫の横畠左馬助(進)貞秀は長宗我部地検帳にも名が出ており、正しく存在が確認されております。ひらめき


 檮姫(ゆすひめ)越知町横畠栂の森に葬られています。
 墓所も正確に系図の中で読み取れます。
現在は区長さんが綺麗に墓を守っていると言います、有り難いですねわーい(嬉しい顔)
檮姫の法名は逝徳院殿慈月順光褌定尼



檮姫(ゆすひめ)、なんとも麗しくて、良い名前だな〜と思います♪るんるん
そういえば、勝頼の母の名前は大河ドラマでは(由布姫(ゆふひめ))と呼ばれており、近い呼び名である気がします。
ですが、母の名前は正式には分かっていないんです。いつか判明すると嬉しいですね。

 
 現在、400年祭に向けて、会の打ち合わせが行われております。
地域の祭との兼ね合いなども検討され、様々な案が出ております。
また、こういう事をやったら良いんじゃないか?
ぜひ祭に参加したい!などの意見や希望、アイデアを募集中ですexclamation

 夕方からは、神楽や太鼓合戦、玄蕃踊り(勝頼が伝えたと言われる踊り)が行われ面白い祭になります!
 ぜひ良い案を考えて下さい、お待ちしておりますー(長音記号1)


posted by makkun at 10:09| 高知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。