2010年05月14日

神楽練習〜15日に向けての最終練習


 
15日の「仁淀川町の神楽・伝統文化」に向けての練習風景ですわーい(嬉しい顔)
         画像 005.jpg画像 008.jpg
 
 

 やや欠け月練習日は毎週、水曜日の午後7時すぎから
  (練習風景を見たい、参加したい!神楽太夫になりたい!人募集してます!)

 安居神楽の専用ページも作りたいほど、年間に行事が増えましたグッド(上向き矢印)
 次項有安居神楽に関しての詳細はこちらの記事へ(クリック!) 

 今日の練習の参加者は、伊藤武徳、安本邦守、酒井清市、安中征生(会長)
中山直一、岡崎和也、私 岡林誠、岡崎アリサ、岡林美也子、西森なゆみ 以上10名
画像 007.jpg
    

 小学6年生の時から出演してくれておるぴかぴか(新しい)、アリサちゃんに、美也子ちゃんは今は中学1年生ですが、よく舞い込んで(練習して)おります。 これからも楽しみでとっても期待されてますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 木刀を振って練習している写真です(本番では木刀は使いません)
 画像 001.jpg画像 003.jpg

 携帯で撮影をした写真ばっかりで、画質が低いですあせあせ(飛び散る汗)
(↓携帯で撮影した動画、見づらい事間違いなしっあせあせ(飛び散る汗)↓しかも音割れてるし雷
  


 太鼓を叩いておるのは清市さん、ご高齢で元気ですわーい(嬉しい顔)
   画像 009.jpg
 太鼓を叩かせると本当に長年やってきたものを感じさせてくれますexclamation×2
 15日には、今回の練習に参加している西森なゆみさんが太鼓を叩いてくれます。今日は小太鼓の紐を締め直してくれておりました。(誰も面倒くさがってやらない もしくはやり方を知らない(笑
 ありがとうございます!
 また西森さんは、太鼓グループの「一圓想」でベテランの方です。


 私は、神歌を練習しました、にしてもどのように歌えばいいのだかと迷っていると先輩によく教えて頂きましたお画像 002.jpg
  
 なかなか公演間近の練習でも改善点はいろいろありますが、神楽には、ある程度の形や順序を覚えれば、後は人それぞれの技量で雰囲気が変わってきます。

 まして、小、中学生ともなると、体が小さい分、舞も大人の考えるようにはいきませんが、自分たちなりに工夫して美しく魅せてくれてます♪ですから神楽は舞人によって、感じが違ってきます。るんるん

 ですが、4人舞となれば話は別あせあせ(飛び散る汗)、全員が同じように美しく舞う事が必要ともされるのです。4人が身長や体重の壁を乗り越えて、息を合わせるのは本当に難しいこと、今回の15日も何れかの神楽がやるかと思いますが、うち(安居)はしません。
 演目は、
  将軍〜弓の舞
  和卓の舞
  長刀の舞
       この3つの舞を約30分間で行います。


 15日は武田勝頼土佐の会では、
田舎のコンビニ「おしおか」が『勝頼くん弁当』を販売します!
 本日試食を致しました、とても美味しかったですよレストランぜひ買って食べてくださいねるんるん
 玄蕃太鼓は出演の依頼を受けましたが人数が集まらず公演にはなりませんでした。う〜ん残念!ふらふら 
 ですが、本当によく出演の依頼をして頂けるので、嬉しい限りですぴかぴか(新しい)それだけ、玄蕃太鼓には魅力があるんです。


 また6月5日には檮原で神楽大会があります!こちらにも参加しますので、ぜひ宜しくぜよ!手(チョキ)

  
posted by makkun at 00:23| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。