2010年07月25日

佐藤掃部(さとうかもん)&丸亀鉄砲隊(讃州 久米流古式砲術隊)&諏訪

佐藤掃部(さとうかもん)&丸亀鉄砲隊(讃州 久米流古式砲術隊)&諏訪


 10月2日の武田勝頼の秋の陣イベントに、火縄銃の演武をやろうとなった際に、様々なところへ問い合わせた結果、
 四国の讃岐に「丸亀鉄砲隊」のある事を知りました。



 丸亀!?と聞いてピンと来たことがあります。
それは、我らが安居神楽の伝説のヒーローである甚太夫がおります。



 その甚太夫のおじいちゃんは、佐藤掃部(さとうかもん)でして、
 私はこの佐藤掃部という人物が何者かと、検索したことがあります。

 驚いたことに、検索の結果出てきたのは、丸亀城と安居神楽由来記に関するもののみでした。いったいどれだけ縁があるというのかexclamation×2ぴかぴか(新しい)

 なんと丸亀城の最後の城代を勤めたのが佐藤掃部(さとうかもん)であります。この人物が、現在の岡崎姓の祖ともなっております。

 また甚太夫は、神楽を踊って大地震を鎮めたというエピソードがあり、とても有名な神楽の名手だったんです。


 それで丸亀鉄砲隊「讃州 久米流古式砲術隊」に問い合わせて、
 代表の山本様と連絡をとり、秋の陣イベントの打ち合わせをする事となり、7月12日に香川県に会長と私2人で行ってまいりました。
車(セダン)車で2時間弱で到着しました。


 山本様は本当に火縄銃が好きで、話を聞いている私も火縄銃演武をやってみたくなりました。いずれは参加したいですね。とても笑顔の素敵な話上手な方でした。
DSC00170.jpg
 火縄銃を見せていただき、また持たせてもらったのですが、ずっしり!
こりゃ重い!
 DSC00168.jpg
 さらに兜をかぶらせてもらったのですが、こちらもずっしり!
首がユラユラと重さに耐えかねておりました。首筋を鍛えないといけません

DSC00167.jpg

さらにレアな鉄砲!こちらは坂本龍馬が使っていたものよりも古いピストルです。もちろんすべて登録された銃ですわーい(嬉しい顔)
DSC00171.jpg

かわいい打ち合わせもスムーズに進みまして、出演が決まった時はとても嬉しく思いました


 さらに近くに諏訪家(諏訪又右衛門)の墓があるというので! 
 山本様と一緒に行ってきました!

ひらめきさらには勝頼の子供の桃千代丸が建立したといわれる諏訪神社までご案内頂きました!
 行くところ、行くところ、何かと不思議にご縁のある諏訪家と武田家わーい(嬉しい顔)

 何でも諏訪家の神楽まで残っておるようです。
■由来記
DSC00174.jpg
 
■諏訪又右衛門墓
 DSC00173.jpgDSC00175.jpg

 そして、勝頼の子供の桃千代丸が建立したと伝えられる諏訪神社
由来記を読むと、山崎、山田、掃部など、土佐のキーワードと同じものが出てきますが、これはいったいどうしてでしょう!

■諏訪神社由来記へのリンク

 偶然にしては、あまりにもキーワードが多く感じられます。
そのキーワードの先には、未知の真実が隠れておるのかもしれません。


DSC00177.jpgDSC00178.jpg

 
10月2日の火縄銃演武が楽しみです!
それに諏訪神楽も見てみたいなーexclamation

posted by makkun at 18:54| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157411214
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック