2011年01月05日

天界集落へのいざない【1】 あまり知られていない土佐山里の大きな魅力

このブログのイメージとしている、中津明神山の写真

IMG_0072.jpgIMG_0073.jpgIMG_0092.jpg

土佐といえば「太平洋」 山というイメージは少し弱い気がします。

 しかしぴかぴか(新しい)ここ土佐の仁淀川町には他の地域には見られないような
 ここにしかない、ここでしか見られない独特の文化や稀有の美しい天界の景観などがあります。

 このあまり知られていない美しい魅力を多くの人たちに楽しんでもらえるように紹介したいと思います。
 私のオススメルートはズバリ、尾根に近い山道をドライブするルートです 

 後ほどご紹介しましょうexclamation×2
画像 300.jpgF1000484.jpgF1000315.jpg


天界集落

「中央構造線」という大断層に沿って関東地方から九州地方まで点在する山の頂上辺りに存在する集落は天界集落と呼ばれている。
地質的に見ても多くの変化に富み、この中央構造線は天界集落の生まれた背景と密接な関係がある。
仁淀川町にはいくつもの天界集落が存在する。武田勝頼が拓いた集落もいくつか存在する。
CIMG5466.JPGDSC0295121.jpgCIMG5158.JPG


  「天界集落の煌き」 
農林水産省 中国四国農政局 高瀬農地保全事業所の発行する、この地域を読むのに素晴らしい冊子
「天界集落」という言葉はここからお借りいたしました。
   IMG.jpg IMG_0001.jpg
冊子はぜひ読んでみて下さい。仁淀川町役場などに問い合わせると良いかと思います。



 この仁淀川町。
周囲を高い山々が連なり、深い山と谷の続く風景は
国道33号線から眺める限りでは、なんでこんな山奥に住む人々がいたんだろう?
と疑問を抱きたくもなります。

夜のドライブではどう見ても星にしか見えないような高い場所にある家の光 本当によく家の光が星の光と間違えられます夜


 ひょうたん桜(天然記念物)も山の尾根に近い場所に有り、
「昔の人はこんな高い場所に植えることよく考えたなー」と耳にした事もあります。
0DSC01176.jpg0DSC01133.jpg


 眼鏡なぜ山の尾根に近い場所に集落を作り、長い間その場所で暮らしてこれたのか?

ひらめきその答えは、大昔から山の尾根(一番高いところ)を通って行くのが最も交通の便が良かったからです。どこへ行くのも最短ルートなのです。

特にこのあたりの山々は山谷が落差があり険しく、勾配のなだらかな山がほぼ存在しませんあせあせ(飛び散る汗)

地形的には太平洋へ四国が引っ張られて行く力と、地面の押し返す力によって
大きな「シワ」が出来て、それがこの「シワ」のような山々を形成したとも言われております。
IMG_0126.jpgIMG_0123 2.jpg

 ですからどこかへ移動するときに
まっすぐ移動しようと思えば山を下りて、谷へ向かい、川を越えて、また山を登ってふらふらの繰り返しになってしまいます。あせあせ(飛び散る汗)
 もちろん、そんなしんどくて面倒な事は誰も行わなかったと思います。わーい(嬉しい顔)
 ほとんどの人が山の尾根(一番高いところ)を通って、尾根づたいに移動するのが最適な方法だったわけです。

 さらには湧水(わきみず)や焼畑(やきはた)により豊かな暮らしが行われており、飢饉(ききん)の時代さえ難なく生き延びて来れた飲食に困らないレストラン豊かな場所だったのですリゾート


 そのため、この仁淀川町の集落は山の尾根(天界)から発展を遂げ、南米の世界遺産であるマチュピチュをも凌ぐ天界集落を形成して来ました晴れ
 武田勝頼たちもこの、豊かな隠された山里(秘境)に招かれて来る事となったのかと思いますぴかぴか(新しい)また大崎川井という里は山と平地の両方の恩恵有料が受けらる素晴らしい場所でした。

戦国時代にも、「四国なんて場所な〜んも無いよ!」と宝石の様な素晴らしい場所を攻めて来られないようにウソの情報を流したに違いありません。わーい(嬉しい顔)
知るものぞ知る素晴らしい場所だったのですねいい気分(温泉)ぴかぴか(新しい)
 

この尾根のルートこそ、仁淀川町の隠された観光ルートなのです
ぴかぴか(新しい)

道の悪さや、分からない場所へ入って行く不安のため観光ルートにならなかっただけで、
そこには、山々を見渡す美しい風景、昔ながらの集落風景、棚田や様々な史跡、桜、伝統文化などが息づいており、日本の原風景であり後世に残して行きたい風景です
 もちろん昔の人々はもっと険しい道を通ったのですが、現在では車の通れる道が整っており、マイクロバスぐらいまでなら、それほど難なく入って行けまするんるん

そういう場所に行って、実際に車をとめて歩いてみたりくつ、食事をしたり、泊ったりするともっと良い体験ができるはずです。この体験を仁淀川町のひとだけで独占してはもったいないなーるんるん

山にへばりつくように建っている集落の家々
a165.jpga157.jpg
国道から見た景色も美しいのですが、上から見た景色は筆舌に尽くしがたい美しさがありますぴかぴか(新しい)


 そして更に、当会「武田勝頼土佐の会」が取り組む背景には、
「ひょうたん桜」「檮姫」「観音堂」「武田神社」「樫山神社」、安徳天皇に関するルート
などなど武田氏や平家の落人に関する史跡や伝承が天界の道には沢山存在します。
 また、ジョン万次郎や岩崎弥太郎が通った松山街道なども。
本当に盛りだくさんのストーリーを持つ天界ルート! 
 そしてこの美しい景色と、美味しい食事、スイーツまでセットにしたツアーの開催を計画!
春の陣!にも絡めて行きます!行きたいと思いますわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

私の友人もこのような集落に住んでおり、ちょっと町へ出かけるときなんか「下界へ行ってこようかね」などと申すこともあります(笑

これからも天界集落への誘いとして、ずーっとご紹介いたしますグッド(上向き矢印)よろしく!手(パー)
posted by makkun at 20:03| 高知 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 天界集落へのいざない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

遥か天空の彼方より 〜 花伝説・宙へ!宇宙へ行った勝頼所縁のひょうたん桜


 現在、宇宙から帰還し、芽を出しております「ひょうたん桜

 花伝説プロジェクトのホームページはこちら

ph_nasa.jpg


 かわいい武田勝頼が高遠から持ってきたと伝えられる桜は天然記念物として高知県で美しい花を咲かせます。仁淀川町桜の山の尾根に近い高い場所(松山街道)に咲き、風景が美しい事でも知られております。

0a3.jpg0d.jpg0さくらー2.jpg

 この桜の種が「花伝説・宙へ!〜なつかしい日本のこころ」プロジェクトにより
 国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」に打ち上げ、帰還した種を播種、育成する過程において、様々な行事を展開しようと取り組まれております。

 新たな伝説が生まれることを願ってぴかぴか(新しい)

 当会でもこの桜の苗を武田氏ゆかりの里に植樹する方向で計画が進んでおります、まだ苗を多くの場所に配った後となりますが、花伝説プロジェクトは今後全国で大きな展開を見せ、その中で我々武田勝頼土佐の会でも花が紡ぐ新たな伝説を作るために活動しようと考えております。

 演劇仁淀川流域でもこの取り組みを活性化につなげようと、高知ファンクラブ様が力を入れて活動されております
 http://kochifc.net/2010/02/post-1403.html
 http://kochifc.net/2010/02/2-81.html

「宇宙にまで行った勝頼の思い」
 
 伝承では武田勝頼が土佐の大崎に来て、この場所を再興の場所にするぞと、
大山鎮めを行い、杖を立て、薬として持ってきた高遠桜の種を撒きました。

 ぴかぴか(新しい)【ひょうたん桜と武田勝頼の以前の記事はこちら】
【ひょうたん桜と武田勝頼の以前の記事2】 

それが大きく成長し樹齢4百数十年を誇る「大藪彼岸桜」となったのです。
 再興を願った思いは新たな伝説を作るために宇宙に行き、そして今、
地域同士をつなげる役目を果たします。ぴかぴか(新しい) 

 これから当会で力を入れて行く「天界集落への誘(いざな)い」にも欠かせない花です。わーい(嬉しい顔)
桜の季節はまだまだですがこの活動にもご注目下さいるんるん

かわいいhttp://www.hanadensetsu.com/journey/hyotan/index.html

ひらめき武田勝頼キャラクターが生まれた日が2009年10月2日
秋の陣2010開催日が10月2日

ひらめき大団円の花伝説サミットが行われたのが2009年12月5日
スイーツフェス2010開催日が12月5日

 しっかりと合わせられておるんですよるんるんるんるんわーい(嬉しい顔)
http://www.hanadensetsu.com/journey/2009/12/post-53.html


■ JAMSS-有人宇宙システム株式会社
 

posted by makkun at 12:01| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

明けましておめでとうございます!平成23年も宜しくお願い致します!武田勝頼土佐の会

kingashnnen2011.jpg


 謹賀新年ぴかぴか(新しい)

 先ほど大崎八幡宮の元日祭も滞りなく神聖に行われましたexclamation
 お祓いして気持ちも清々しくスタートですぴかぴか(新しい)

           mochi.gif

 謹んで新春のお慶びを申し上げます晴れ
 本年も倍旧のご愛顧の程宜しくお願い申し上げます

 平成23年 元旦
posted by makkun at 02:44| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

勝頼の妻、三枝夫人に与えられていた土地 〜 勝頼と妻にまつわる柿木の昔話

今年も残すところあと僅かとなりました。

 仁淀川町も雪が降ったり寒い日が続いております。雪

 今回が今年最後の記事となります。今年も勝頼の会では様々な調査やイベントが皆さまのおかげで無事に行われ、やっと年が越せます晴れ本当にありがとうございますぴかぴか(新しい)

 わーい(嬉しい顔)さて、最後の記事は勝頼の妻を題材とさせて頂きます。


hachiman3.JPG


土佐では勝頼の夫人は、三枝(さえぐさ)「みつぎ」夫人と呼ばれております。

ひらめき最近地検帳の調査から判明した事を次のように考察しました。

大崎八幡宮から大崎の中心地(信勝の墓所・八幡宮の間写真左半分)の田んぼを含む5反強の土地が御次(みつぎ)大明神領となっています。

その内6割位の田んぼが神田八幡領と成っていました。
御次は「みつぎ」と読むと思います。みつぎは三枝と読替る事が出来ます(美津岐夫人=三枝夫人の変名より)。

 佐川町の美都岐(みつぎ)も、その場所にある満木(みつぎ)神社もそれぞれ当て字ですが、呼び名、そして伝承などが同じと考えられております。
     かわいい勝頼夫人に関する以前の記事


 武田勝頼の妻といえば北条夫人が有名ですが、土佐では三枝夫人。

どちらの人柄も人にとても好かれる人物であったと考えられておりますハートたち(複数ハート)
夫人がご神体として祀られるなどの風習が残る事、土地の名称として残る事などから推測できます。




眼鏡勝頼と三枝夫人にまつわる昔話を1つご紹介いたします

houjyou2.jpg
 

古くから土地に伝えられておる話です。地元の古老から知っておる部分のみお話をして頂きました。 

武田勝頼が土佐の大崎村に来たばかりの頃、
大崎村に到着した勝頼は顔中にひどい発疹(ほっしん)が出ていたと云われております。

 夫人は勝頼のその姿を見て哀れに思い、昔、母から習った柿渋(かきしぶ)薬を作りを思い出し
地元の民に案内してもらい現在の小森(こもり)に沢山生えていた柿の実から柿渋を作って、勝頼の顔に塗ったところ長い間続いた発疹はひいて元の顔に戻ったと云われております。
 地元の民はそれを見て驚いた事でしょう。ぴかぴか(新しい)

 現在でも、夫人の眠る墓の前に建つ鳴玉(めいおう)神社は病気や発疹を治す神様として、お参りする人がおります。 そして系図にも書かれてある勝頼夫婦の墓の場所を示す「土居屋敷 柿ノ木の元に葬る」を見ると柿の木との関連が思い浮かばれます。

 夫人が勝頼の墓の場所を、柿の木の元に定めたであろう事から、柿の木により勝頼達が救われた事ゆえに、そうしたのかもしれません。

 その柿の木は現在では樹齢400年を超えるものと言われ、皮のみの状態ですが、赤い柿の実を沢山実らせます。ぴかぴか(新しい)


 
-社家岡林家-
 明治5年頃の廃仏毀釈で焼かれた祠跡が八幡と神田の間にあり(子供の時に聞かされた)屋号が「かじや」と言います。つまり、かじやは「梶屋敷」、梶の葉の家紋は諏訪大社(諏訪大明神)の家紋でもあります。

 廃仏毀釈はお寺さんを排除するものですからお寺若しくはお堂が有ったはずです。
諏訪大社上社には戦国時代神宮寺が有ったので、神宮寺では無いかと思います。

 その梶屋敷の住所は現在も岡林氏の一族が所有する屋敷です。
織田軍の先方隊織田信忠は天正10年諏訪になだれ込んだときに諏訪大社特に上社を焼き払ったとのこと、神官衆も命からがら逃げたんだと考えております。

大崎八幡宮の初代は(社家岡林氏から)大祝源勝貞(八幡宮初代神官)を名乗っていた事から、三枝氏と関係する諏訪の神官(武士)が勝頼達を助けて共に土佐大崎村まで落ち延びたのではないでしょうか。


 今年も後一日、来年も良いお年をお迎え下さい!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
晴れ晴れ晴れ
posted by makkun at 11:42| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

勝頼くんネクタイ完成!【甲斐絹】の最高の品!


 こんばんは!夜今日はクリスマスイブクリスマスですね、みなさんどのようにお過ごしでしょうか?

たまには家族で家でまったりするのも良いものですよクリスマス

 さて、「武田勝頼土佐の会」と、武田氏発祥の山梨県の「武田勝頼・新府中にらさきの会」との共同開発作品、「勝頼くんネクタイ」をご紹介いたします!かわいい

CIMG1254.jpg   CIMG1255.jpg



 本日より、ネットショップで販売を開始致しましたexclamation×2
 【武田勝頼土佐の会 オンラインショップ】  

甲斐源氏の国・富士山北麓の絹織物ぴかぴか(新しい)
◆甲斐絹 勝頼くんネクタイ 
武田勝頼土佐の会と、武田氏発祥の山梨県韮崎市の「武田勝頼・新府中にらさきの会」との連携、交流の一環として、山梨県の伝統織物である甲斐絹(かいき)にそれぞれの「勝頼くん」キャラクターを織り込んだネクタイを共同開発!

tai3.jpgtaii.jpgCIMG1257.jpg


ひらめき甲斐絹とは、山梨県の富士吉田市を中心とする富士山北麓地方で生産される絹織物。名称自体は、明治後半から使われたものだが、江戸時代には、絹織物は東南アジアから渡来したものであることから「海気」「海黄」などと記されている。 
 しかし同地方は、約1千年前から織物が織られていたという山梨県の織物のふるさと。さらに、同地に残る「徐福(じょふく)伝説」によれば、その歴史は2200年前以上までにさかのぼる。
 秦の始皇帝から不老不死の霊薬を探せという命令を受けた徐福が、紀元前219年に、不死の霊山(富士山)がある北麓地域に入ったが、霊薬などは見つからなかった。このまま帰国すれば、首をはねられることを恐れて、この地に定住してしまい、里人に機織りを教えたのが、この地方の「甲州織」の起源だとされる。 

 ちなみに、徐福伝説は全国各地にあり、高知県高岡郡佐川町の虚空蔵山にもあり、長宗我部市は徐福の子孫であるとする旧記さえ残っている。 佐川町史などにも記載があり、史跡が存在しますぴかぴか(新しい) http://www.geocities.jp/mx_sakawa/thjofukulegend.htm 

このように勝頼つながり、また絹つながりで結ぶネクタイ。

ストーリーも良ければ質も良く、また色がどんなコーディネートにもマッチしますexclamationわーい(嬉しい顔)

 この商品は、受注→生産→納品 まで約10日ほどかかります。


 着用感も良い感じでしたブティック!実際に色々と合わせてみて、どんなシャツにも合いますし、甲斐絹の良さも伝わります。
 武田菱家紋や勝頼くんキャラクターまで織り込まれており、感動ものの1本ですぴかぴか(新しい)
 nekutai1.jpg tai2.jpg

 勝頼くんのキャラクターは、サンタクロースと配色が近い!?感じもあり。
絹の光沢でキラキラぴかぴか(新しい)している勝頼くんを見ているとクリスマスな気分になりましたハートたち(複数ハート)

 うちは神道といえども、クリスマスは楽しいですよね。不景気も吹き飛ばしましょうexclamation×2


<勝頼くんサンタクロース>
KATSUYORI_santa.jpg

メリークリスマスexclamation×2 ちなみに25日は仁淀川町は雪雪が降っちょりました!雪夜クリスマス

クリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマス





posted by makkun at 17:45| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武田勝頼土佐の伝説がアニメ化!12月26日朝放映!RKC高知放送


 武田勝頼の土佐へ来るまでがついにアニメ化されましたexclamation×2

CIMG1226.jpgCIMG1225.jpgCIMG1229.jpg

 RKC高知放送 「土佐のむかし話」 年末放送! 放送は12月26日(日曜日) 朝7:30〜7:45に時計ぴかぴか(新しい)

 これは見逃せませんよるんるん
 カメラ一部写真を公開ぴかぴか(新しい)
CIMG1230.jpgCIMG1231.jpgCIMG1232.jpg
CIMG1233.jpgCIMG1234.jpgCIMG1235.jpg
CIMG1237.jpgCIMG1238.jpgCIMG1239.jpg
CIMG1240.jpgCIMG1241.jpgCIMG1243.jpg
CIMG1244.jpgCIMG1245.jpgCIMG1247.jpgCIMG1246.jpg

 演劇さらにはアニメDVDも発売exclamation当会オンラインショップにて販売を行います。
oosakigennbaanime.jpg
 
 晴れ【武田勝頼土佐の会のオンラインショップ】

 武田勝頼が土佐に来て「大崎玄蕃」と変名するまでが昔話風に描かれて、とても面白い内容ですわーい(嬉しい顔)

■DVDの価格は1,500円(税込)です。
■カラー 11分

物語は長い話を短く分かりやすくするため少し端折りがありますが、よくまとめられております。
 これぐらいの方が見やすいと思います。武田勝頼の話をこのような感じで全てDVD化するとなると4章ぐらいになります。

 できれば全てアニメ化をしたいと考えており、広くご寄付を募りたいと存じております、全編の製作を目指したいと思います。全編の製作にはご寄付金にてご協力を賜りたく存じます。
何卒、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

 そして近々、勝頼の生涯を1つの物語としてまとめたものをご紹介致します。ぴかぴか(新しい)




 晴れ【武田勝頼土佐の会のオンラインショップ】

posted by makkun at 12:02| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレイアニメ!長宗我部元親 第2弾!【岡豊城攻防戦】

 晴れ本日12月24日晴れ

 演劇人気クレイアニメの第2弾が登場!勝頼ショップにて販売致しますぴかぴか(新しい)

武田勝頼土佐の会 商店 家

   http://katsuyori.jp/shop/

chosokabe2no1.jpg


かわいい携帯用のショップでも販売しております♪
  http://katsuyori.jp/shop/m/
 今回は、ついに長宗我部元親が戦国の乱世に立ち上がり、敢然と戦いを挑みます!
成長した元親と弟の香宗我部親泰の活躍をクレイアニメで体験できる素晴らしい内容です。

 
やはり見どころは戦国の戦場をクレイアニメで描いた世界初の試み!
 戦闘シーンの弓が飛ぶシーンや合戦が上手く作られているなーと驚きましたわーい(嬉しい顔)

 ひらめきまた現代語なんかを使ってしゃべったり、笑いのツボも押さえておりコミカルで楽しく長宗我部元親の歴史まで学べてしまいます!土佐の戦国時代、坂本龍馬もこの長宗我部氏と明智氏の友情がなければ存在しなかったと言われておりますから、土佐人は必見ぜよーexclamation×2


 眼鏡高知新聞の朝刊にもカラーで大きく掲載!ぴかぴか(新しい)
chosokabeshinbunanime.jpg

 NEW長宗我部元親 第2弾 【岡豊城攻防戦】ぴかぴか(新しい)

内容
 長宗我部国親(元親の父)の葬儀が済むと、元親は直ちに本山茂辰に向けて、弔い合戦を開始!
その間に、安芸国虎、一条兼定がひそかに同盟し岡豊城に危機が迫る!
 さらにあらゆる面でパワーアップした第2弾!

chosokabe2.jpg


協力:劇団 TRY−ANGLE
監修:高知県立歴史民俗資料館

付録:土佐刃物の歴史と穂岐山刃物の挑戦
土佐刃物の歴史は、長宗我部元親が秀吉の小田原攻撃の時に鍛冶職人を土佐山田に連れてきたのが始まりとされているが・・・
最新の研究と、刃物製造の新たな開発に挑む穂岐山刃物株式会社の取り組みを描く

取材協力:NPO高知県日中友好協会
     穂岐山刃物株式会社

製作・動画:岸田アキヨシ

発売元:武田勝頼土佐の会

DVDの販売価格:1,500円(税込)

■カラー 52分
MPEGー2 片面1層 4:3スタンダード

 第1弾も面白かったのですが、新展開と戦闘シーンが今回はとても良かったです!
それだけでは無しに特典までボリューム満点ー(長音記号1)exclamation!52分もあってとても楽しめます♪ぴかぴか(新しい)
 子供も一緒に見ましたるんるんとっても楽しんで見てましたよ^^
 岸田さん、ありがとうございますexclamation×2わーい(嬉しい顔)


 晴れご購入はこちらのサイトから
武田勝頼土佐の会 商店 家

   http://katsuyori.jp/shop/

chosokabe2no1.jpg


かわいい携帯用のショップでも販売しております♪
  http://katsuyori.jp/shop/m/
posted by makkun at 11:01| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

秋の陣2010【後編】勝頼ソング&各種芸能披露!

 ここからは芸能祭ぴかぴか(新しい)
titlez2010aki.jpg
土佐での武田勝頼没後401年の祭exclamation×2


<秋の陣2010記事【】【】【】【】>

スイーツフェス記事】【】【】【



リボン武田勝頼の土佐の伝説が歌にぴかぴか(新しい)
(武田勝頼土佐の会2010秋の陣応援歌)
 曲名:GENBA〜今を生きる
 作詞作曲:大崎雅氏(おおさき まさかず)様
  画像 060.jpg
当日に演奏された楽曲は、るんるん

1.オー・ソーレ・ミーオ (やはり王道。雨が降らず、晴れてよかった!)

2.アメイジング・グレイス(武田勝頼=大崎玄蕃公への鎮魂歌)

3.エモーション・リョウマ(やはり「龍馬イアー」。マサカズオリジナルの龍馬ソングです)youtubeに動画としてアップされております。


4.GENBA〜今を生きる(1番に杜甫の「望春」よりの一節「破国在山河」、2番に同じく杜甫の「絶句」より「江碧鳥逾白」を引用し戦国武将の生きざまと重ね合わせ、先人の想いを現代に生きる我々の糧として力を戴けるような歌にしようと思い作りました)
  
5.よさこい奇想曲(これもマサカズオリジナルアレンジ。来年の勝頼土佐の会「よさこい」初出演の成功を祈願して!)

0r.jpg
るんるんGENBA〜今を生きる 歌詞
【1分30秒の試聴可能VOON Podcast Feed
■販売:大崎雅氏様が行っております。また私にメールをして頂ければメール大崎様に注文いたします。freetempo@agate.plala.or.jp
genbamusic1.jpg
1.国破れて山河有り 土佐の山は草木(そうぼく)深し
  ふと見上げる故郷の山 古(いにしえ)の武者(もさ)の安住の地
  GENBA 今を生きるあなたの その思いが
  GENBA 今を生きる僕らの 目の前に

2.入り江は碧(あお)く鳥は白し 土佐の山は翠(みどり)蒼(あお)し
  遠く望む四国山脈 武者(つわもの)どもの夢のあと
  GENBA 今を生きる僕らの この手に
  GENBA 今を生きる力を 呼び起こせ

わーい(嬉しい顔)
大崎雅氏様は現在は沖縄にて南の島の総合音楽家として活躍されておりますリゾート

出身は高知県室戸の出身で、オペラ歌手また、音楽家として様々な経歴をお持ちでありまして、東映ドラマ部門の音楽コーディネーターを務められております。また音域の最も幅の広いバリトン歌手として御活躍をされております。詳しくはホームページにて「大崎雅氏」と検索して頂ければ、南の島の総合音楽家というサイトが出てきますのでクリックして下さい。
 私が大崎雅氏さまと知り合うきっかけとなりましたのは、武田勝頼(大崎玄蕃)にちなんだヨサコイチームを結成する方向で動いていた時に、神楽の仲間で先輩である中山さんにご紹介を受けまして、また大崎という姓は、ご存じでありますとおり、この地では、大崎玄蕃こと武田勝頼の変名として、産まれた姓であると考えられております、さらには、雅氏様のルーツを辿れば繋がってくることからも、浅からぬご縁だと思いました。 ヨサコイチームは結局のところ保留ではありますが、今回、大崎雅氏が、なんと武田勝頼の応援歌であります「GENBA〜今を生きる」を携えてやって来て頂きました。
 1曲目の出だしは有名な詩人トホの「春望」の出だし。2番の出だしはこれもまた杜甫の「絶句」の冒頭部分。
 今、ある意味ホットな中国の先人の漢詩を引用することで、「今を生きる」キーワードと、杜甫という人の生き方と勝頼の生き方を重ね合わせられた歌です。今回が初披露となる歌です。

歌声も素晴らしいですし、歌詞も、現代を生きる我々に、古き文化を忘れるなよ、それが自分たちの生きる力になるんだぞ!というふうに伝わってきました。

大崎雅氏さま、ありがとうございましたexclamation素晴らしい歌でしたるんるんぴかぴか(新しい)  
 歌の間には色んなトークをしてくれましたわーい(嬉しい顔)
0q.jpg


かわいいカラオケ大会カラオケby仁淀川町歌謡クラブ


 画像 061.jpg
カラオケクラブの方々が鍛錬している歌を歌っておりました!
 皆さん本当に歌声も雰囲気も素晴らしいセンスをしておりますねるんるん
 聞き入っていて、写真を一枚しか撮影していなかったので写真紹介できなくて申し訳ございません。
 わーい(嬉しい顔)武田節ぴかぴか(新しい)を会長が歌ってくれましたるんるん
 「人は城、. 人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」信玄が言ったとされる言葉で、有名ですグッド(上向き矢印)るんるんこれが武田節の歌のフレーズでもありまするんるん


安居神楽
 <安居神楽に関する以前までの記事はこちら>
 全国的に見ても400年以上前の古い形をそのまま残し、脚色が加えられずに伝えられてきた神楽です。奉納をメインとし、芸能的な面はあるものの、古き神秘性を保ち貴重な神楽です。

本日は2つの舞を行ってくれましたぴかぴか(新しい)

■「二天の舞」
舞人:中山直一,細木栄三郎
 0w.jpg画像 062.jpg
神歌:片岡桂子,太鼓:西森なゆみ,小太鼓:伊藤武徳,チャッパ:安本照一

■「弓の舞」
舞人:岡林美也子
0x.jpg     momigi_03.gif
神歌:片岡桂子,太鼓:西森なゆみ,小太鼓:伊藤武徳,チャッパ:安本照一
会長:安中征生,準備:安本邦守,岡崎和也

伝統的で美しい舞をありがとうございました!美也子ちゃんはもう2年目になります。
すっかり上達して嬉しい限りです。ありがとうございますわーい(嬉しい顔)

明日は、平家会の「秋の風」にて
越知町の横倉神社と、コスモス祭会場宮の前公園にて2公園

横倉神社では、「順の舞」(片岡桂子,岡林美也子)、「神迎え」(細木栄三郎)
宮の前公園では、「長刀の舞」(中山直一)、「山主の舞」(岡林誠)
 越知平家会の「秋の風」イベントもよろしくるんるん


玄蕃おどり
玄蕃踊りも今年で424年目という事になりますか、424年前に武田勝頼が大崎八幡宮を建立した6月15日を縁日に高知県の各地で行われている踊りです。踊りには「太鼓踊り」と、「手踊り」が主流で、今回、秋の陣にて踊られたのは「手踊り」になります。この踊りは元々平家の踊りと関係があるようで、各地の踊りの由来には、平家や長宗我部の物語が出てきます。
 勝頼の特色が強いのは「太鼓踊り」の玄蕃踊りのことで、大崎玄蕃の名前など出てきますし、武田勝頼お踊りの由来に関して地域の人々にもよく知られておりました。

0z.jpg0z1.jpg0z2.jpg
0y.jpg
この地域では玄蕃踊りを小さい頃から教えられて踊ります。
 盆踊りとして伝えられて来た面もあり、歌が歌われはじめると、懐かしい気持ちになります。
この「歌」もなかなか良いのですぴかぴか(新しい)
 玄蕃踊り保存会の皆様、ありがとうございましたexclamation×2るんるん


満月売店では、商工会青年部の皆様がビールの販売や、各店では地域ならではの食材が売られておりますぴかぴか(新しい)
0v.jpg0u.jpg0t.jpg


そして秋の陣2010のフィナーレイベントはexclamation
環頭太鼓「風雅」
日高を中心に活動され、玄蕃太鼓との交流も多く、独特のリズムは聴いていて格好良くグッド(上向き矢印)そして気持ちの良い太鼓ですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
今回は初舞台の女性も居られたとの事ですが、すごーく素晴らしい演奏をして頂きました!
昨年の秋の陣でもフィナーレを飾ったのはこの「風雅」でしたぴかぴか(新しい)
0z3.jpg0z4.jpg0z7.jpg
0z8.jpg0z9.jpg画像 064.jpg
画像 065.jpg

0z5.jpg0z6.jpg

うおーexclamationズンズンと心臓に響いて来ましたわーい(嬉しい顔)今まで聞いたことの無いリズムですが、これはハマリますexclamation風雅の皆様ありがとうございました!わーい(嬉しい顔)また宜しくお願いしますexclamation×2

画像 041.jpg oct13.png
左から観音院の中島住職様、によど自然素材研究所の井上様、
映像や写真撮影をして頂いた藤岡様、山梨県の武田勝頼会の高木様
ありがとうございましたexclamation×2
夜すっかり夜も更けましたやや欠け月本当に遅くまでご協力いただいて、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

 ぴかぴか(新しい)皆様のお陰を持ちまして武田勝頼没後401年の「秋の陣2010」
そして「スイーツフェス2010」は全て盛大に開催されました、誠にありがとうございました!
ぴかぴか(新しい)

 いずれのイベントも次ぎにつなげて行く為の多くの種が蒔かれましたグッド(上向き矢印)
「武田氏の会の全国的な連携強化」「観光やツアーを面白くするアイデア」「ご当地スイーツの誕生」「武田勝頼に関する新たな探求対象の増加」そして最も素晴らしい成果は、「この場に集って頂いた方々の楽しい交流晴れであります。



 来年は「秋の陣2011」第3回目となりますので
「秋の陣3!」はいかがでしょうか? その時にはどのような成果をイベントとして表現されるか楽しみでございますexclamation×2



画像 052.jpg026.jpg006.jpg
IMG_7836.jpgDSC_0298.jpg IMG_7757.jpg


poster.jpgkatsuyorimascotarigato.jpg

<秋の陣2010記事【】【】【】【】>

スイーツフェス記事】【】【】【


posted by makkun at 09:41| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

秋の陣2010【中編】武田の里フォーラムin仁淀川町♪

<第1回>武田の里フォーラムin仁淀川町ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
akinojin10taremaku.jpg        akinojin10taremaku.jpg        akinojin10taremaku.jpg        akinojin10taremaku.jpg

 ひらめき会場正面を飾った大型垂れ幕!縦4m×幅1.3m

<秋の陣2010記事【】【】【】【】>

スイーツフェス記事】【】【】【



naganonippo.jpgshinbun.jpg
新聞は朝日新聞や山梨日日新聞にも掲載されました演劇

武田の里フォーラムでは武田氏ゆかりの30人が集結exclamation×2
武田勝頼を顕彰する長野県・山梨県、県内団体が集まりフォーラムを開催致しましたわーい(嬉しい顔)

 秋の陣は、今年の成果を十分発揮するイベントです。
今回は何と言っても当会の内容が全国展開に発展した事でしょう。
 
私たちは土佐に残る武田勝頼とその家族、家臣等の史跡や史料をもとに、伝承を大事に保存して行こうとする会です。
 武田勝頼は信玄の跡継ぎとして、その名は有名で、まさか土佐に!的な部分も調査を進めれば進めるほど、関連性が多く出現します。他県からも注目される内容となり、伝承を守って行きたいと取り組む会員も増えました。長野県は諏訪の観音院中島住職様、山梨県は武田勝頼・新府中にらさきの会の高木様などとの連携やバックアップもあり、全国からゆかりの方々が訪れるという私たちも予想していなかった大きな展開を迎えました事は誠に喜ばしい事であり、武田勝頼が大好きなファンとの交流が生まれました事にも感激しております。

 今回の秋の陣での最高の成果として、武田家ゆかりの方々にお集まり頂き、勝頼を顕彰する団体方々によるフォーラムを開催する事とにました。お集まり頂き誠に心より感謝申し上げます!
 ありがとうございます!


forumm.jpg

<フォーラム参加団体代表>
1,武田勝頼土佐の会   高知県仁淀川町      岡林照壽氏
2,武田勝頼新府中にらさきの会  山梨県韮崎市   高木智朗氏
3,由布姫・勝頼諏訪の会  長野県岡谷市小坂観音院 中島宥明住職様
4,武田勝頼土佐の会・大崎氏の会  須崎市上分横川 大崎豊明氏
5,武田勝頼土佐の会・山崎氏の会   佐川町    山崎 寛氏
6,越知平家会  歴史ミステリーの連携 事務局   澤田泰彦氏
7,大崎八幡宮宮司                 岡林 誠氏
8,ゲスト 丸亀鉄砲隊 代表 山本陸雄様 香川県 

 天気予報では夕方より雨雨と予想され、急遽ダッシュ(走り出すさま)屋内にステージを設置しました位置情報
 会場もそれなりに良くなりましたわーい(嬉しい顔)予想ははずれて晴れました晴れ
画像 136.jpgCIMG1147.jpg

  forum2010.jpg

開会に先立ちまして大石弘秋町長様よりのご挨拶
0d.jpg
 有り難いお言葉を頂きまして、当会一同誠に感謝致しております!
誠にありがとうございました!仁淀川町を愛する心もピカイチですぴかぴか(新しい)

武田勝頼土佐の会 会長:岡林照壽より挨拶
今回のフォーラム開催に至ったこと、秋の陣が今年で2回目を迎え、大きな発展の時期をむかえたこと、皆様への感謝の辞を述べました。
 0c.jpg
 バックの白いのは、プロジェクタ投射用大型自作スクリーンでございます映画ぴかぴか(新しい)かなり大きな投射が可能です!!

映画プロジェクターを使っての活動報告。
2010年「夏の陣」までの活動をご報告させて頂きました。うーむなかなか今年も盛りだくさんだったなーわーい(嬉しい顔)
0a.jpg0f.jpg0e.jpg

◆ 私の作った方のダイジェストイメージはこちら ◆

 結構長いですので、美味しいもの片手にお楽しみ下さいビールバー喫茶店
 なお音楽は流れません
全国から応募された全108種類の武田勝頼のキャラクターイラストも楽しめまするんるんぴかぴか(新しい)

(注※ タイトル画面だけ1分半ぐらい同じ画面が続きます)






フォーラムスタート!ぴかぴか(新しい)
forumtitle.jpg


由布姫・勝頼諏訪の会  長野県岡谷市小坂観音院 中島宥明住職様
0i.jpg
 昨年より交流が活発になり、今後も期待されております♪
長野県の新聞にも第1面記事のトップに大きくカラーで、土佐の武田勝頼の会の公演が長野県で行われた事、土佐との連携で長野県でも中島宥明氏らが代表となり、由布姫・勝頼諏訪の会の発足が行われた事などを紹介し、土佐に来て様々な交流や史跡に触れるたびに新しい発見があり、とても面白くまだまだこれからもお互いの交流などを深めて広く世の中に武田勝頼を紹介したいと述べられました。
 
 中島住職様には本当に遠いところまで何度も足をお運び頂いて法要を行って頂き感謝しております。武田勝頼は、諏訪で生まれ、その名を「諏訪四郎勝頼」と言います。勝頼の母君が療養生活をされた観音院、私もとても行きたいです♪!さらには、諏訪と仁淀川町の寺村には多くの共通点を持ち、勝頼が寺村に抱いた思いを知る事が出来たのは、観音院の中島住職様のおかげです!これからも協力関係を気付いて長野県と事業を成功させたいと存じます。ぴかぴか(新しい)


武田勝頼新府中にらさきの会 山梨県韮崎市  高木智朗氏
0l.jpg
 山梨県韮崎市は「武田家発祥の地」であると言われ、同会では、「勝頼くん」キャラ開発をはじめ、グッズ販売、各種イベント、味噌「武田の里」を販売等も行っております。
 武田勝頼が土佐に来て生きていたという話は山梨県民にとっても面白い話であり、またその伝承なども高知県に広く分布し関わりがあると考える。また全国の武田家をつなぐ大きな組織作りに取り組み、武田勝頼をはじめ武田の会の活性化を図りたいと述べられました。

 ぜひ、武田の歴史や日本全国にある物語を大きく盛り上げて行きたいですね!山梨県・長野県・全国の武田が一つになれば、大きな力となるでしょう!「味噌・武田の里」「山梨のワイン」「ネクタイ」など商品化力にも素晴らしい活動をされております。ぜひ今後とも協力して事業を成功させたと存じます。ぴかぴか(新しい)


武田勝頼土佐の会・山崎氏の会   佐川町    山崎寛氏
0n.jpg
高知市在住の山崎氏は山崎会長の所有している佐川町に残る武田家系図の最後に氏名が記されている人物で、武田勝頼の末裔にあたる方です。
高知県や県外にも土佐の武田勝頼の末裔である方々が多くおられ、その血筋を昔から大事にして来ている。かなり古い時代から広く武田勝頼の子孫が分布し、その土地土地で土佐の武田を受け継いで来ており、これからもそれを大事にしていかなければならない、現代の時代になって土佐の武田を知っておるものがどんどん世を去っていってしまった、この会によってそれが掘り起こされ、保存されておる事は良いこと等と述べられました。

 土佐には武田の伝承や史跡が本当に多いと思います。それが広い範囲で語り継がれ、なおかつその土地土地は、我々の所有する仁淀川町の系図にも土地の名前が出てきます。
 それぞれが、縦と横の線でつながった系図、史跡、これらを元に武田の伝承を大事にし、伝統文化の素晴らしさをも伝えて行ければと思います!本当にありがとうございます!わーい(嬉しい顔)


武田勝頼土佐の会・大崎氏の会  須崎市上分横川 大崎豊明氏
0o.jpg
(須崎市上分 大崎氏は大崎玄蕃神社との関わりあり)
その昔、大崎玄蕃(武田勝頼)の親族の者の誰かが、葉山の貝(かい)の川(長宗我部地検帳で見ると「甲斐の川」と記される)に来て、葉山カイの川に大崎玄蕃神社が祀られた。
 大崎氏の住む甲斐の川には武田信勝(大崎五郎)の伝承が残る。津野氏や大阪夏の陣との関わりなどが見えてきて面白い。
 この仁淀川町大崎から佐の国を経由して葉山に来たとされる系図を絵にして説明していただき、なるほどと思いました。系図に記されるルートがベスト(最高の)ルートである事が一目で分かります。また所有する系図の紹介など、とても興味のある内容でした。

 来年重点的に調査したいのは葉山です。まだまだ聞いたり、見たりしたいものが沢山あるのです。
大崎氏にはいつも祭の時には来て頂いております。ありがとうございます!わーい(嬉しい顔)


越知平家会  歴史ミステリーの連携 事務局   澤田泰彦氏

平家会は勝頼の会と連携して、大きな1つの歴史会を作りたいと考えております。越知町に逃れたという安徳天皇の物語は越知町の観光資源であり、御陵も宮内庁の参考地として管理されております。
ツアーやイベントも盛んに行っており、この「秋の陣」の翌日には「秋の風」として連携したイベントを行っております。ぜひ皆さんお越し下さい!と述べられました。

この仁淀川町にも越知町と同様に安徳帝の歴史があります。伝統文化としては、椿山太鼓踊り、都踊り、平家と関連ある神楽、などなど本当に古くから残っております。この平家の伝統と武田勝頼の伝統がミックスされたのが「玄蕃踊り」です。とても面白いです。
 他にもミステリーちっくな所も連携の要素あり!です。さらには「秋の陣」「秋の風」壮大な2日間にわたる連携イベントをこれからも大成功させて行きたいと存じます。ぴかぴか(新しい)


丸亀鉄砲隊   香川県   代表 山本陸雄様 
0m.jpg
 様々な撃ち方や、丸亀鉄砲隊ならではの構え方などもあるんですね、どおりで構え方がカッコイイと思いました。アゴに付けるというところが他とは違うところで、それが私たちが思ったカッコイイスタイルなんですね。
 丸亀鉄砲隊といえば、一国一城礼が出る以前の最後の城主である佐藤掃部(さとうかもん)は仁淀川町の安居神楽と同世代同名の人物がおり、何か関連がありそうです。

 本当に火縄銃演武は素晴らしかったです!来年もお願いしたいと思いますexclamation×2
丸亀鉄砲隊の前の記事はこちらをクリック!」

大崎八幡宮宮司                 岡林 誠
0p.jpg
 私たちが代々受け継いで来た大崎八幡宮では、昔から武田勝頼の話が絶えた事がありませんでした。高齢化が進み、武田勝頼(大崎玄蕃)の話は次第に薄まって来たのですが、この伝承を絶やすわけにはいけません。様々な伝承伝統を次ぎの世代に受け継いでいかなければ、400年以上にわたり続けてこられた伝統が姿を消してしまいます。
 武田勝頼が土佐に来てどのような活動をしたのかが、当会の活動により次第に明らかになって来ました。これはスゴイ事なんです。
 地域の伝承を「伝承のまま」にしておいたのでは、このような大きな方向に行く事はなかったでしょう。
 それだけ深化した活動になってきました。そして地域に訪れる人が増えた事も大変嬉しい事です。
今後も武田勝頼を顕彰し、あらゆる方面から探求していきたいと考えます。




 フォーラムは皆様の活発な意見の交換などで、とても有意義なものとなりました。
フォーラムが実現した背景には様々な皆様のたゆむ事なき努力がありました。
 活動してこそ、次につながる!そう信じて来た甲斐があったわけです
ぴかぴか(新しい) 今後も勝頼顕彰のため、地域活性化のために取り組んで行きたいと思いますグッド(上向き矢印)るんるん


音楽会場では既にお酒ビールで酔いがまわっている方も、あせあせ(飛び散る汗)お祭りですので楽しみましょうわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
 売店も販売を行ってまーす!画像 059.jpgDSC_3344.JPG画像 058.jpg

眼鏡会場の場所は山から見るとこんな感じです
     kaijou045.jpg
 ■フォーラム開催場所:中央公民館

 晴れ武田勝頼土佐の会
秋の陣2010イベントはまだまだ続きまーすー(長音記号1)ぴかぴか(新しい)
【後編へsoon

 るんるんここからは勝頼ソング!カラオケ大会、芸能発表などなどるんるん

 

<秋の陣2010記事【】【】【】【】>

スイーツフェス記事】【】【】【


posted by makkun at 21:11| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

秋の陣2010【前編】武者行列&鉄砲演武!!

projection.jpg

さて、武田勝頼土佐の会

 スイーツフェスの記事が終わったところですが、
「秋の陣2010」「スイーツフェス2010」はどちらも同事業として開催しております。





秋の陣2010では、大崎一円を戦国のイメージに変えました!武者行列、鉄砲隊、おなばれ、巨大家紋、まるで戦国の陣地です。画像 038.jpg画像 030.jpg0h.jpg

<秋の陣2010記事【】【】【】【】>

スイーツフェス記事】【】【】【



424回玄蕃まつりぴかぴか(新しい) 午後1時〜

大崎八幡宮では、毎年行ってきて424回を迎える玄蕃祭。
 中では大崎八幡宮固有の古い儀式と祭祀が執り行われました。
氏子さんや祭祀を一度見てみたかったという方々、武田家子孫の方々が来てくれておりました。


 お神輿には鳴玉神社(めいおうじんじゃ)へ向かう武田勝頼ご神体が乗ってあります。

なかなか、このお神輿が重たくて担ぎ手は大変あせあせ(飛び散る汗)

002.jpg003.jpg
天狗のお面似合ってますよ!久原くんは背も高いし、衣装も棒も天狗らしさが出ております

地元大崎小学生の手作りヨロイを作って行列に楽しく参加の3人組るんるんわーい(嬉しい顔)
001.jpg

その頃、メイン会場では丸亀鉄砲隊によるイベント開始を知らせる
鉄砲演舞が行われました! ずっどーん!という大きな音は神社まで聞こえてくる程です。
032.jpg034.jpg035.jpg
 いよいよ秋の陣2010が始まったのだなーexclamationぴかぴか(新しい)
ダッシュ(走り出すさま)武者行列も鳴玉神社に向かって動き始めますexclamation×2008.jpg


映画向かう先は狼煙(のろし)の上がる大崎小学校前の鳴玉神社exclamation
 狼煙は赤い煙を使っており、音もパーンとします。パノラミックで雰囲気バツグンでした。
写真(左)に少し煙りが写っておるのが分かりますでしょうか?こちらが狼煙(のろし)です。
005.jpg006.jpg

神社参道からの長〜い!階段から降りて来た所で武者行列と合流!晴れ
007.jpg

ー(長音記号1)今度は長い行列となりました!
009.jpg010.jpg011.jpg

 太鼓2つと法螺貝3つ、鉦(かね)るんるんの音が行列の雰囲気を更に盛り上げてくれました!
やっぱお祭りはいいねー!ぴかぴか(新しい)
027.jpg028.jpg029.jpg030.jpg

ヨロイって本当にカッコイイです。ぴかぴか(新しい)近くで見ると迫力ありすぎて恐い感じもしましたが
これぞ武者exclamation×2

鳴玉神社(めいおうじんじゃ)に到着し、修祓、神社祝詞奏上、武田勝頼夫妻のお墓祭
行列参加者も皆参拝いたしました。
神社には誰からか武田菱の重厚な紋章が奉納されておりました。
画像 038.jpg画像 037.jpg画像 036.jpg

勝頼の母君の里であります諏訪観音院の中島宥明先生も来られて御参拝を頂きましたぴかぴか(新しい)
画像 040.jpg画像 035.jpg
子どもたちも楽しそうでなりより!火縄銃の大きな音はどうだったかな?


かわいい火縄銃演舞(鳴玉神社前にて)太鼓と鉦、法螺貝を奏でながら、発砲の前に円になってまわります。大崎小学校グラウンドをぐるっとまわりました。
画像 018.jpg

 隊長の山本さんが号令で「かまえーexclamation爆弾画像 021.jpg画像 022.jpg画像 023.jpg

「撃て(放て)ーー!むかっ(怒り)」「ズドドドドーオーンexclamationexclamation×2

めちゃくちゃ迫力のある音に驚いてしまいました。初めて聞きましたがスゴイですね、周りの人もすごい音にビックリ!
画像 024.jpg画像 025.jpg画像 027.jpg

カッコイイです。次から次ぎへとバリエーション豊富な撃ち方を披露!
まさに演武!
013.jpg014.jpg015.jpg
鉄砲にも色んな種類があって、音も雰囲気もぜんぜん違います
018.jpg017.jpg019.jpg
画像 030.jpg画像 032.jpg画像 033.jpg

うわー!すごい衝撃exclamation×2exclamation×2
動画はこちら!


そしてメイン会場へと武者行列を行います
024.jpg025.jpg026.jpg
画像 016.jpg画像 014.jpg画像 015.jpg

武者行列はメイン会場では子どもたちに本物の兜(かぶと)をかぶせてあげたり、小休止されておりました。子どもたちも喜んでおりました!ありがとうございます!
039.jpg038.jpg037.jpg

これからがメイン会場での鉄砲演武となりますグッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)

IMG_0004.jpg

多目的広場にて、武者も来場者も集まりました、さあ演武開始!カチンコ
「構えーexclamation×2」の声だけでもビックリしますわーい(嬉しい顔)
画像 042.jpg画像 043.jpg画像 044.jpg
「撃てーーexclamation×2」「ズッドーン!ドドドドーンどんっ(衝撃)exclamation×2
やはり、大迫力4これはクセになりそうな轟音ですexclamationぴかぴか(新しい)
画像 047.jpg画像 048.jpg
ドッカーーン!と花火が近くで弾けたような感じですどんっ(衝撃)むかっ(怒り)ぴかぴか(新しい)
音も煙も、火縄銃ってすごいぴかぴか(新しい)
画像 049.jpg画像 050.jpg画像 051.jpg

今まで見たことの無い火縄銃演舞に感動しました!、皆さんも拍手喝采わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
036.jpg画像 052.jpg画像 053.jpg
画像 057.jpg素晴らしい演武をありがとうございました!

動画でーすわーい(嬉しい顔)映画


 丸亀鉄砲隊の方々には本当に素晴らしいものを見せて頂き、誠に感謝しております!ありがとうございました!

また、お神輿担いだり、行列にご参加頂いた方々にも本当に感謝しております。ぴかぴか(新しい)
 誠にありがとうございましたexclamation×2

さて、秋の陣は、武田の里サミットへと舞台を移します。
かわいい

武田信勝の墓へもその前に墓参りもしてきました。(勝頼の長男)
画像 046.jpgkatuyo2.jpg
きれいなお花が添えられておりました。土佐の系図史料や伝承では信勝は土佐へ来てから広範囲な活動をしております。
 「秋の陣」は勝頼の命日に近い休日に合わせて行われております。
慰霊の意味も含めた土佐の武田イベント!まだまだ続きますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


☆丸亀鉄砲隊写真集
IMG_0002.jpgIMG_0003.jpgIMG.jpg

次のブログにて掲載させて頂きますねsoon



IMG_0004.jpg012.jpg021.jpgmokG.jpg

 

<秋の陣2010記事【】【】【】【】>

スイーツフェス記事】【】【】【



 
posted by makkun at 11:31| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。